「Symantec Endpoint Protection Cloud」で運用負荷を軽減する4つのポイント

セキュリティ対策もクラウド移行で運用が楽になる!

やらなければならないとはいえ、運用の負担が大きいエンドポイントのセキュリティ対策。サーバの管理やライセンス管理、また、社員のPCにエージェントをインストールするためのヘルプデスク的な業務まで、情報システム部門にとってはかなりの負担となっています。さらに、働き方改革で情報システム部門も残業削減・業務効率化が迫られ、少しでも運用負荷を減らす方法を模索しているのではないでしょうか?

そこで、おすすめなのがシマンテック社の総合セキュリティ対策製品「Symantec Endpoint Protection(以下、SEP)」をクラウドで提供する「Symantec Endpoint Protection Cloud(以下、SEP Cloud)」。クラウドに移行することで、運用負荷の大幅軽減につながります。実際、なにが楽になるのか、4つのポイントにまとめました。

SEP Cloudで運用負荷を軽減する4つのポイント

<ポイント1>クラウドだからサーバ運用管理が不要
法人向けセキュリティ製品を導入すると、社内に管理サーバを構築する必要があります。しかし、オンプレミスのサーバを管理するのはかなりの負担になるもの。SEP Cloudならば、クラウドサービスとして提供されるため、管理サーバは不要です。ハードウェアの購入・設置などの構築作業が一切なくなるほか、アカウントさえ発行されれば、すぐに利用することができます。もちろん、クラウド側はシマンテック社が運用するため、導入後に発生するバージョンアップ作業などを含む運用・管理も一切不要です。
各種設定に関しても、シマンテック社が定義したベストプラクティスがデフォルトで設定されているため、基本的にはそのまま使えばOKです。

<ポイント2>Windows 10大型アップデートでのトラブルを回避
Windows 7のサポート終了を前に、Windows 10利用が主流になっています。Windows 10では従来とは異なり、セキュリティ更新などとは別に年に2回、大型のアップデートが行われます。これは「OSのアップグレードに近い」とも言われ、適用した結果、PCにインストールしていたエージェントが対応できないことも。エラーが発生したと情報システム部門に問い合わせが殺到し、対応に追われるほか、エージェントのアップデートに数週間かかる製品もあり、その間のセキュリティが懸念されます。
SEP Cloudならば、Windowsの大型アップデート配信前の対応済みバージョンリリースを目指しており、Windows 10リリース以来、すべて対応してきた実績があります。アップデートを気にすることなく、安心して利用できることはメリットと言えるでしょう。

<ポイント3>ユーザ単位の課金だから、ライセンス管理も容易に
一般的なエンドポイント対策製品はデバイスごとにライセンスが必要ですが、SEP Cloudはユーザアカウント単位での課金で、1アカウントあたり端末5台までインストールできます。管理者がインストール端末のライセンスをまとめて管理するのではなく、利用するユーザ自身がどの端末にインストールするかを管理する形に変わるため、管理者の負担は大きく軽減されます。最近では、働き方改革の一環として、自宅で個人所有のPCからリモートでつなぎ、仕事をするケースも増えていますが、自宅PCにインストールすることも可能。多様な働き方とセキュリティ強化の両立をサポートします。

<ポイント4>マルチデバイス対応だから、スマホもまとめて対策可能
スマートフォンやタブレットを利用して業務を進めるケースも増えていますが、こういったデバイスのセキュリティを担保するのは、かなり大変です。SEP Cloudではマルチデバイスに対応し、iOSやAndroidにも対応。PCからモバイルデバイスまで、まとめてセキュリティ対策を実現できます。

SEP Cloudで運用負荷を軽減する4つのポイント

ハードウェアのリプレイス、ライセンス更新は、SEP Cloud移行のチャンス

いまや、あらゆるサービスがクラウドで提供される時代となり、業務システムや基幹システムのクラウド移行も進んでいます。やはり、ハードウェアの運用管理から解放されるというメリットは大きいもの。セキュリティ対策も例外ではありません。もちろんオンプレミスで対策しなければならないものもありますが、クラウド化できるものはクラウド化することをおすすめします。ハードウェアのリプレイスや、ライセンス更新は、SEP Cloudへの移行のチャンスです。

そして、SEP Cloudを購入するならば「シマンテックビジネスストア」がおすすめです。法人向けシマンテック製品の専門ECショップで、Webサイトから簡単に見積もり作成や注文ができます。まずは、サイトをチェックしてはいかがでしょうか?

関連製品Symantec Endpoint Protection Cloud

SEPの技術をそのままに、BYODのPC、スマホ、タブレット等も一括管理可能。
1ユーザー500円/月の低コスト、新しいクラウド形エンドポイントセキュリティです。

詳しく見る →

お問い合わせ

Norton製品についてのお問い合わせ、技術的なお問い合わせ、ストアで取扱のない製品、販売店様からのお問い合わせにはお答えいたしかねますので予めご了承ください。
インフォメーション
ご注文手続きについて

ユーザー登録(無料)後は、オンライン特別価格で見積もり・購入いただけます。

ページの先頭へ戻る