• TOP>
  • セキュリティコラム>
  • シマンテック製品のライセンス体系を基礎から解説!なにを数えればいい?結局いくらかかる?

シマンテック製品のライセンス体系を基礎から解説!
なにを数えればいい?結局いくらかかる?

確認すべきポイントは、自社の業種とライセンス数の2つ

エンドポイント対策として評価の高い「Symantec Endpoint Protection(以下、SEP)」や、Windows 10への移行などにも活用できるディスクイメージングソフトウェア「Symantec Ghost Solution Suite(以下、GSS)」などのシマンテック製品について、導入を検討する際に気になるのは、そのコスト。シマンテック製品では、4種類のライセンスプログラムが用意されていますが、「自社は、どれにあてはまるのか?わからない」「結局いくらかかるの?」といった声も多いようです。そこで今回は、シマンテックのライセンスプログラムについて基礎から詳しく解説します。

4つのライセンスプログラムのうち、自社がどれにあてはまるのか?を考えるときに、チェックするポイントは2つあります。まず、1つ目は「業種」。シマンテック製品には、文教ユーザ(教育機関)・公共機関向けにアカデミックライセンス「ACD and GOV」が用意されています。アカデミックライセンスは、一般企業向けライセンスよりもリーズナブルな価格に設定されているため、あてはまる場合はアカデミックライセンスを使いましょう。

そして、2つ目が「ライセンス数」。ライセンスプログラムは250本未満で購入する場合と、250本以上で購入する場合に分けられます。ライセンス数は、SEPおよびGSSではデバイス数とイコールです。社内でインストールしたい端末の数をカウントし、250を超えるのかどうか?確認しましょう。業種・ライセンス数の組み合わせにより、適用されるライセンスプログラムは下図のとおりとなります。

シマンテック ライセンスプログラム

購入するときは「まとめて購入」で、お得に!

各ライセンスプログラムでは、購入ライセンス数ごとに25ライセンス未満はバンドA、50ライセンス未満はバンドB…のように「ディスカウントバンド」が設定されています。バンドレベルがあがるとディスカウント率も高くなるため、できる限り契約をまとめることをおすすめします。ライセンスを追加購入する際も、既存の契約へ追加することが可能。また、すでにバラバラの契約で購入している場合も、シリアル統合により1つの契約にまとめることもできます。契約ライセンス数によりバンドレベルは自動的に設定され、コスト削減につながります。

また、GSSは「永続ライセンス+保守」と、月額で利用する「サブスクリプション」の2種類から購入方法を選べます。サブスクリプションは契約終了とともにソフトウェアも利用不可になるのに対し、永続ライセンスは保守サポート終了後もソフトウェアは利用可能なことから、用途や事情を考えあわせて永続ライセンスで契約する企業もあるようです。自社の活用法にあわせて選びましょう。

50デバイスだといくらかかる?3年契約だと、よりお得に!

ライセンスプログラムの基本を紹介したところで、やはり気になるのは「実際いくらかかるのか?」です。ここでは、50デバイスの企業を例に、SEP・GSSそれぞれの費用を試算しました。

■ シマンテックビジネスストアで購入した場合

製品名 ライセンス数 適用ライセンス 契約年数 希望小売価格(税抜)
SEP 50本 Symantec Business Price List Commercial 1年 311,250円
SEP 50本 Symantec Business Price List Commercial 3年 840,350円
GSS 50本 Symantec Business Price List Commercial 1年 98,150円
GSS 50本 Symantec Business Price List Commercial 3年 265,050円

SEPの場合は、50デバイス、1年契約で約31万円ですが、3年契約にすると10%以上もお得に購入できます。セキュリティ対策はビジネスを続ける上でもはや欠かせないものなので、長期的に利用するケースがほとんどです。3年単位で購入計画をたてる方法も有効です。

法人様向けシマンテック製品の専門ECショップである「シマンテックビジネスストア」では、Webサイト上で簡単に見積もりを出すことができます。「自社の場合は、いくらになるのか?」まず、試してはいかがでしょうか?

関連製品Symantec Endpoint Protection

多層防御で激化するサイバー攻撃を阻止。侵入後の検知、対処、回復までを実行する進化型エンドポイントセキュリティ。
アンチウイルス対策に加え、IPS/ファイアウォール等の様々なセキュリティ対策機能を備えたトータルソリューションです。日々進化する未知の脅威からも、クラウドや機械学習を使用した先進機能により、幅広く対応します。

詳しく見る →

お問い合わせ

Norton製品についてのお問い合わせ、技術的なお問い合わせ、ストアで取扱のない製品、販売店様からのお問い合わせにはお答えいたしかねますので予めご了承ください。
インフォメーション
ご注文手続きについて

ユーザー登録(無料)後は、オンライン特別価格で見積もり・購入いただけます。

ページの先頭へ戻る